大牟田のほんまち整骨院

SOUL BOND

むちうち・疼痛・しびれ…交通事故後の違和感について

◆「特に異常はないので経過観察を」と言われた方も、

 我慢せずにお越しください

 

 

交通事故でケガをしてしまったときに、多くの人は、病院で診てもらうと思います。

 

血が出ている場合は止血などをし、内臓に損傷がある時は手術をするのが病院の仕事となります。

 

しかし多くあるのは、むちうち・疼痛・しびれといった目に見えない症状です。

 

レントゲンやMRIで痛みの原因をつきとめようとしますが、 これといった問題がみつからないのに、 頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、吐き気、手足のしびれなどの症状が、長く続くことがあります。

 

この場合、病院では痛み止めや湿布を処方し、経過観察をするのが通常となっております。

 

薬を処方されれば一時的には楽になりますが、原因に対する治療ではないので、 症状は改善せず、繰り返し、むちうちなどの症状は現れます。

 

むちうち症というのは、レントゲンやMRIの検査では医学的な問題はないといった はっきりした 原因を持つ病気ではないのです。

 

つまり、原因がみつからなければ、根本的な治療はできません。

 

事故後の治療で一番大切なことは、「事故時の症状を将来に残さないこと」です。

 

 

 

 

 

◆レントゲンでは異常がなかったのに!むち打ち症のあらゆる症状

 

 

レントゲンでは異常なし!なんて言われることがあるのですが、本人は痛い場合が多々あります。

 

病院では、検査重視なので異常がなければ、経過観察と言われることが多いです。

 

「昔、ムチウチやって今でも痛いんだよ〜」なんて方がまわりにいませんか? ほっといても治りにくいのがムチウチなのです。

 

レントゲンで異常がないのに何故、痛みはあるのか? 痛みの原因は骨ではなく筋肉にあるからです。

 

痛みを感じるのは神経です。

 

神経の中で痛みを感じ取る場所は、筋肉の中にあります。

 

首の筋肉が追突の衝撃によって緊張し、その緊張が取れないままでいるから痛みがあるのです。

 

病院で首の筋肉を触るでしょうか?

 

痛みの原因は筋肉にあるのに、筋肉の検査は重視されていないのです。

 

これが、痛みを引きずる原因です。

 

大牟田のほんまち整骨院では、目に見えない部分に負ってしまった深いダメージを、 深部にまで効果がある独自の手技で施術します。

 

本当の完治を目指した治療なら、大牟田のほんまち整骨院をご利用ください。

 

 

COOL M.B

大牟田駅×接骨・整骨部門

COOL M.B
10月01日
09月19日
連休のお知らせ
09月18日
09月09日
台風10号
MORE
COOL M.B